シンボルとエンブレムを理解する – 1 - 
経験要:最低1つの書体

一日講習会:10:30から17:30までです
昼休み:13:00-14:00
¥1
7,000

 

私たちは絵を見る時に、その中に入っているシンボル「象徴」を見逃すことが多くあります。何故かというと、見たことのない形をしているエンブレム「しるし」を見ても、それが実際にエンブレムであることがわからないのです。この講習会でシンボルとエンブレムの世界に入り、それらの「謎」を一緒に発見し、カリグラフィーの作品に使いましょう。午前の部は古代における代表的な象徴の歴史の基盤を学んで、午後の部で有名な引用句を用いて、奥の深い作品を考案します。

持参するもの:ペン先(数種類)、インク、紙、貼ってはがせるテープ、スティックのり、
一般なカリグラフィー用具、カッター、定規、トレーシングペーパー、薄い水色の鉛筆、
方眼紙、コンパス、ピンセット。



 


HOME