ロンド体  La Ronde

中級資格保持者向け  経験用:カッパープレート

一日講習会:10:30から17:30まで
昼休み:13:00-14:00

 

フランス革命の直前、パリで筆記者として仕事をしていたパヤソン師は王室の為にいろいろな書類を書いていました。必要に応じてページのレイアウトを上手く考案して、ロンド体と一緒に他の事務草書体を合わせ、力強く、エレガントなプレーゼンテションをしていました。この一日講習会では朝からパヤソン師の世界を訪ねて、彼のお手本を使いながら、現在読めるスタイルでロンド体を学びます。最初に、この書体専用の羽ペンをカットしてから、練習に入ります。この書体に適している他のペン先はカッパープレート用のものが有ります。

持参するもの:固い羽ペン、ペン先(Gillot #303など)、ブラウゼ3mm、ミッチェル #4, #5、インク、紙、方眼紙、羽ペン用具。
羽ペンは事務所で販売しております。ガチョウの羽ペン 5本セット 1,000円 七面鳥の羽ペン 1本 1,500円

HOME