スイスのアンシャル体の伝統を訪ねて
1日講習 (経験用:最低3つの書体と一般講座のアンシャル体
¥17,000

Engadine Uncials and Sgraffiti

 

アルプスの南東部は紀元前15年からローマ帝国の一部でした。その頃からラテン・アルファベットがその地域に紹介され、時代とともに発展して行きました。3世紀から新しいスタイルのアンシャル体が流行し、人々に愛され、現在まで幅広く使われています。この講習会ではクラオブンデン州の首都のクール(ラテン語でCuria)から出発して、あらゆるところで見られる面白い文字の組み合わせと典型的なデコレーションを学びます。

 

持参するもの:ペン先(数種類)、インク、紙(ミューズ紙のようなもの、貼ってはがせるテープ、一般的なカリグラフィー用具、ガッシュ:黒、ホワイトのみ、梅皿、筆、定規、、カッター、トレーシングペーパー、水色のからペンシル、方眼紙、コンパス、雲形定規、テンプレート(お好みで)。




 


HOME