写本中のカレンダーを理解する

経験用:ゴシック2書体

一日講習会:10:30から17:30まで

昼休み:13:00-14:00

 

歴史上のカレンダーの発展を追っていくワークショップです。中世時代から写本やミサ典等は万年暦のページを含んでいました。これらの神秘や謎を解きながら、自分ダけのカレンダーページを作りしましょう。

持参するもの:ペン先(数種類)、インク、方眼紙、マスキングテープ、一般的なカリグラフィー用具、定規、電卓。

● 2003年から2005年にかけて、MGスクールの客員教授として在籍していた、スイス大使館の文化参事官、ピエール – イーヴ・フックス博士が作成したワークショップです。

HOME