ROMAINMOTIER
4月20日・朝
ロマンモティエの
大修道院の教会

Between 990 and 1028 in the Kingdom of Burgundy, a Cluniac priory was built in the village of Romainmotier.
It is located in the canton of Vaud and is a cultural property of national significance as one of the oldest Romanesque monasteries of Western Switzerland.

From the 12th century paintings adorned the wall of the priory church and the coat of arms of aristocratic families have been added in the following centuries. Following a fire during the 12th century, the ceiling was rebuilt with arches in the Gothic style.

990年と1028年の間にブルグント王国にあるロマンモーティエの村でクリュニー会派の大修道院が建てられました。
スイスでは一番古いロマネスクの建築です。
12世紀に作成されたフレスコ画が壁の何カ所にも配置され、中にいくつかのヴォー州の領主と大修道院の後援者の紋章が見られます。12世紀の終わりに火事によって作り直された天井は美しく飾られたゴシックのアーチになっています。





 ロマンモティエ村の役所
Communal Hall of Romainmotier


大修道院教会
The Abbaye


入り口
Entrance



修復図
Chart of restaurations



身廊(しんろう)と祭壇・ステンドグラスの窓
Nave with altar and stained glass window



ゴシックのアーチで彩られた天井
Ceiling



天井の紋章
Coat-of-Arms on ceiling



ケルティック模様の組紐の石
Celtic stone



個人の祭壇
Private altar


美徳の書
The Book of Virtues



暗闇の中の窓
A window in the dark


壁に描かれた後援者達の紋章
Wall bearing the coat of arms of benefactors


フレスコ画
Abbaye fresco

噴水
Water fountain on a spring day



ロマンモンティエの紋章
Coat of arms of Romainmotier


李家さんと長嶋さん
Mrs. Yuko Rinoie and Ms. Yasco Nagashima


TOP
日本語
TOP
English
Next