April 20th
Orbe

4月20日

オールブの
ローマ遺跡



The Roman general Julius Caesar arrived in Gaul in 58 BC and stopped the migration of the Helvetian tribes. Since those days, most of the area now located in Switzerland became part of the Roman Empire and the Latin alphabet was introduced to its people.

The Roman villa in Orbe is a luxurious estate which was built around 160 AD. Today it is the largest discovery of its kind in the northern region of the Alps.

The villa was surrounded by walls measuring about 400 meters on each side. The house had about one hundred rooms, many decorated with exquisite mosaics. MG School's private guide Mrs. Monnier had the key to open each pavilion protecting the mosaics and tell us their stories.

紀元前58年、ユリウス・カエサルがローマへ移動するヘルウェティイ族を制圧した後、現在のスイスのほとんどの地域がローマ帝国の一部になりました。その影響として、それまで文字を持たなかったアルプスにローマのアルファベットがもたらされました。

オールブにあるローマのヴィラは紀元160年頃に建てられた優雅な屋敷で、北アルプス地域に於ける現在までの最大の発見といわれます。当時、ヴィラの周りの壁のそれぞれの長さは 400 メートルに達し、100もの部屋の一部には、美しいモザイクが施されていました。MGスクールのプライベート ガイド、モニエーさんはモザイクを保護するパビリオンの鍵を持って、私たちに各モザイクの物語を説明してくれました。





MG SCHOOLのプライベートガイド 
MG school private guide



2世紀のローマ邸宅の模型
The villa in the 2nd c AD



建築物の模型
Architectural plan


探索開始!
Start of visit


最初の展示室
First pavilion



幾何学模様の床
Geometric floor


ミノタウロス
The minotaure


ガイドについて巡ります。
Follow the guide



壁のモザイク
Wall mozaique


壁のモザイク
Wall mozaiques



だまし絵のモザイク模様
Floor mozaique in trompe l 'oeil technique



当時の狩りの様子が描かれている地面
Frames depicting hunting scenes


猟師
Hunters


モザイクの展示室
Mozaique pavilions




Birds


週の曜日と季節の神々
The gods of the week and of the seasons



女神 ヴィーナス
Venus



秋の女神
Autumn