MG-SCHOOL 国際活動
INTERNATIONAL ACTIVITIES


「バルボア太平洋発見500周年の展示会」

展示期間 : 2013年5月9日〜18日
場所 
: スペイン国営セルバンテス文化センタ−東京

 


パナマ                スペイン 
   
パネルディスカッション: "ヌニェス・デ・バルボア 太平洋発見500周年"

作品を見る


作・李家裕子

今年はヌニェス・デ・バルボアが、ヨーロッパ人として初めて太平洋に到達してから500年を記念する年です。彼の波乱に満ちたパナマへの冒険を語るため、文化会館がアントニオ・ガルシア・アバソロ、ミゲル・ルケの2人のエキスパートをお招きし、講演会を開催・ あわせてMG西欧カリグラフィースクールによるバルボアの日記を写したカリグラフィー展覧会のオープニングを開催しました。



今回は1階ロビーと地下1階で展示が行われました

1階ロビーではバルボアが航海中につけていた日記の
最初の2ページをモチーフとした作品が飾られています。


 



セルバンテス文化センター館長の挨拶


 


スペ
インより招かれた学者の講演


パネルディスカッション

地下1階オーディトリアムの展示の様子
バルボアの日記の残りのページをモチーフとした作品が飾られています

それぞれの作品の下に日本語で説明があり
とてもわかりやすい展示となっています

スペイン大使夫妻も興味深く展示に見入っておられました

スペイン大使ミゲール・ナバロと共に

パナマ大使はカクテルパーティーを主催しました。
左から:ディアス参事官、藤井道子、ガチーニ・ミュリエル、シファキ大使、星野史子

左より:桑田恵美子、山田麻衣子、藤井道子、藤松瑞恵、松浦みどり、乗松清馬

素晴らしいイベントに参加できて、MG Schoolはセルバンテス文化センターとパナマ大使館に深く感謝します。