ロマネスク体(12世紀のコンプレスト体)(中級講座)


6ヵ月コース、前期・後期各3ヵ月)

ROMANESQUE HAND - 12th c. Compressed hand
Intermediate level
(6-month course, 2 terms)

MG写本研究ノートから直接飾り文字を学ぶ
フランス国立図書館とパリのアルスナル図書館

Epistolarum Horolagumより
12世紀
紙とガッシュ
聖ヒエロニムスの序幕より
12世紀
紙とガッシュ


基本の小文字体を復習してからいくつかの写本書体と事務書体を学びます。
ロマネスクのヴェルサルの流暢なスタイルを利用して、
様々な使い方によって豊かなデザインとレイアウトを試します。
12世紀に人気のあった、大きい聖書の中で見られるカラフルな頭文字も
この講座の学習の中心となります。

使用:物語、詩、引用句、など。ロマネスク時代の
珍しい飾り文字はロゴ、グリーティング・カードやアクセそりーのデザインを楽しませてくれます。


After a revision of the basic minuscules, students will learn several book hand
as well as chancery hands popular during the Middle Ages.
The study of versals will focus on the formation of Romanesque versals
leading to fluency in their design and their wide variety of shapes and use.
Large and colorful historiated initials popular
in large bibles of the 12th century will also be the focus of this course.

Applications: the compressed hand has a strong medieval flavor but can be easily used for
modern texts, stories, poems, quotes etc.
Designing logos, accessories or greeting cards with the style of these decorated letters
opens a world of imagination and adds to the fun of creating something unique.

HOME