マリー・ド・ブルゴーニュのゴシック体のアルファベット

3ヶ月コース
経験要:ゴシック・バスタルダ体
注意:受講条件として上記書籍のお持ちの方

 
L'alphabet gothique dit de Marie de Bourgogne
3-month course
Experience required: Gothic bastarda
This course is limited to the owners of the facsimile manuscript

 神聖ローマ皇帝であるハプスブルク家のマクシミリアン1世の妻マリー・ド・ブルゴーニュが
所有していたゴシックバスタルダ体の教科書を元にして学ぶ講座です。
1460年頃作成され、現在、ベルギー王立図書館で保管されています。
各ページにエレガントなカデルの文字が飾られています。
各レッスンで二つのカデル体とその組み合わせられたゴシックバスタルダ体を練習しながら、
独特なリガチャーと様々な小文字の変形を勉強して、更なる上達を目指しましょう。
短い課題がいくつか出ますのでシンボルとエンブレムを使用して優雅なカードと作品を作ります。

Mary Duchess of Burgundy who was married to Holy Roman Emperor Maximilian I of Austria,
owned a Gothic alphabet book which we will study in this course.
This manual of calligraphy was executed arount 1460 and is now part of the collection of manuscripts of the Royal Library of Belgium.
Each page is lavishely decorated with large cadel letters.
Two cadel initials combined with minuscule letters will be introduced in one lesson.
The gothic bastarda script of this manual uses unique ligatures and variations that will benefit anyone interested in the bastarda style of writiting.
Short projects will include symbols and emblems and contribute to the creation of graceful cards and small artworks.