COURSE DESCRIPTIONS



メロビンジアン王朝の書体 - 中級
(9ヶ月コース、前期・中期・後期各3ヶ月
験要:初級資格、ローマンキャピタル体とインシュラーの草書体

 
MEROVINGIAN HANDS - Intermediate
(9-month course, 3 semesters)
Experience required: Elementary level certificate, Roman capitals and Insular minuscule.

"Ora et labora"
The rule of St. Benedict

祈れそして働け
(聖ベネディクトの宗規

牛皮紙・金粉

メロビング王朝時代のいくつかの書体を紹介する講座です。
6世紀からのアンシャル、ハーフ・アンシャル体を勉強してから、
「忘れ去られた時代」のリュックセューの小文字体を深く研究します。
当時の飾り文字の豊富なスタイルはミステリアスな形態であり、
現在のアーティストのために新しい世界を開くものです。
使用:古典の文章、グリーティングカード、印章、オブジェのデザイン。

This course introduces several hands of the Merovingian period.
After learning different forms of uncials and half uncials,
the focus will shift to the Luxeuil minuscule and its technique of ligatures.
The abundant styles of decorated initials from this forgotten era have a mysterious
appeal and open a new world of artistic expression for today's designers.
Applications: classical texts, greeting cards, design of seals and collectors' objects.