COURSE DESCRIPTIONS


イタリック体又チャンセリ体 (ヒューマニスト体)
ITALIC or THE CHANCERY HAND (Humanistic family)

牛皮紙、ガッシュ、金箔とパラディウム箔

聖バレンタイン カード (仏語)

ラルフ・ワルド・エマーソン:友情

洗練された、リズミカルなイタリアのユマニスティック書体の一つです。
15世紀の半ばからローマの教皇庁で公文書や正式書類のために使用されていました。
事務書体または公文書体としてチャンサリー体とも呼ばれていますが写本書体としても知られています。
当時人気のゴシック体より早く書けるので、ヨーロッパのあらゆるところまで流行りました。
多様性を持ち、読みやすい為に、ルネサンス時代から様々な用途に適応してきました。
現在のカリグラファーに欠かせない書体です。
併せてローマンキャピタル入りの飾り文字を練習します。
使用:詩、歌、契約書、紋章の記述、招待状、地図、宣伝など。

This is the refined and rhythmic style of the Italian humanist scribes.
From the middle of the 15th century a speedy formal style of writing was used at the Papal chancery
in Rome, hence its name: Chancery Hand.
This writing style was used for writing briefs, official documents it was also used as a book hand.
It became very popular and spread to other parts of Europe as it was speedier to write than the Gothic styles used at the time.
Extremely versatile and adaptable, it is an essential tool for today's calligraphers.
Roman initials will be used for illuminated letters in the style of the 16th century.
Applications: poems, songs, contracts, blazons in heraldry, invitations, maps, advertising etc.

国際連合郵便発行:世界人権宣言の切手 ・ イタリック体
MGプライベートコレクション