COURSE DESCRIPTIONS


イタリアのゴシック・ロートゥンダ体 
GOTHIC ROTUNDA IN ITALY

右:MGプライベートコレクションより
MGクラス教材
15世紀の祈り書
のページ

丸みを帯びたこのゴシック体は、はっきりした縦線と曲線の組み合わせによって構成されており、
読みやすく、イタリアのルネサンス期に人気があった文字です。
この書体は、印刷の活字のモデルとして18世紀まで使われていました。
ペン先による、画数の多い、美しい飾り文字のヴェルサール体を紹介します。
使用:古典的な文章、祈り、引用句、印章、ロゴなど。


This rounded Gothic script combines straight strokes
with wide curves and it became a popular model for small books
as well as large size manuscripts during the Renaissance.
As one of the most legible Gothic scripts it was extensively used
by printers all over Europe until the 18th century.
A wide range of penned-capitals will be explored
and developed into multiple-strokes versals.
Applications: classical texts, prayers, quotes, seals, logos etc.