COURSE DESCRIPTIONS

 

カロリン体とルスティッカ体
CAROLINGIAN AND RUSTIC CAPITALS



Pet Plate - ペットの札

サンクト・ガレンの飾り文字の例
(教室の黒板にて)
カロリン対とルスティッカ体

サンクト・ガレンの飾り文字 (二カ国語の諺)
Poem for children by Colette Allegraud,
Mother of Muriel Gaggini

 

カロリン体は8世紀と9世紀の文化ルネッサンス期に人気があった小文字体です。
次に学ぶ大文字のルスティカ体はローマ時代から、幅広く使われていた書体で、曲線が多く、早く書けるので好まれていました。
この2つの書体を学んだ後に、ライン川沿いの飾り文字と、サンクト・ガレンのイニシャルの作り方を学びます。
使用:グリーティングカード、札、引用句、神話、詩、パッケージング、モノグラムなど。

This is the winner of the cultural renaissance of the 8th and 9th centuries.
Some of the most famous manuscripts have been produced with this clear letterform.
Next the students will learn the flowing Rustic capitals,
a combination of straight and curved strokes popular since the Roman Empire.
Decorated initials from the Rhine School and from St. Gall are also taught.
Applications: greeting cards, labels, quotes, tales, songs, design of packaging, monograms etc.