The patron of MG School, Alcuin.
His nickname was Flaccus Albinus,
which is written in Merovingian minuscules under his portrait,
a style of writing still widely used at the time he came over to the Frankish kingdom in the 780s from England.

MGスクールの守護者、アルクイン
彼のあだ名はフラクス・アルビヌスでした。画像の下にメロビング王朝時代の小文字体で書かれています。
彼が780年代フランク王国に来た頃、このメロビングの小文字体は一番流行っていたスタイルでした。   


Introducing Alcuin

Alcuin of York was one of the best known scholars of the Carolingian period. He was called at the Court of Charlemagne to assist in the reform of the abbey schools and the revision of Latin texts. Under his guidance a clearer form of minuscule writing, derived from the Uncial and now called the Carolingian minuscule, was adopted for the copy and creation of new books.
アルクイン

ヨークのアルクイン氏は初期カロリン王朝時代の有名な学者のひとりでした。フランク王国の修道院の学校とラテン語の文献の改善のため、シャルルマーニュの宮殿に呼ばれました。アルクインの指導の下、文献の複写や新しい文学の作製のため、読みやすい小文字体をアンシャル体より発展させ、現在この書体をカロリン体と呼びます.


Calligraphy and iIllumination by Muriel Gaggini:
Text written in the Rustic, Uncial and Carolingian scripts
Illumination: pure gold leaf on gesso, natural pigments

ミュリエル・ガチーニによる作品:
書体: ルスチカ体、アンシャル体、カロリン体
イルミネーション・テックニック:石工、純金、自然顔料